本文へ移動
災害ボランティアセンター設置運営訓練
~暮らしを支えるコミュニティ基盤が持続できる地域にしたい~
福祉ボランティア講座
~一部の人だけではなく、皆が関わり、ともに歩める地域にしたい~
学区域生活支援グループ交流会
~一人ひとりができることを活かせて、喜びやつながりが実感できる地域にしたい~
福祉教育の推進(子どもの福祉体験学習)
~違いを認め合い、「おたがいさん」を次の世代に伝え、「助けて」と言える地域にしたい~
地域相談員研修
~困った時に身近に相談できる人がいて、必要な人に支援が届く地域にしたい~
ふくしでまちづくり座談会
~思いを語りながら、誰もが自由に集まり、学べる場がある地域にしたい~
0
9
8
5
0
9
社会福祉法人 
近江八幡市社会福祉協議会
≪本所≫
〒523-0082
滋賀県近江八幡市土田町1313番地
TEL.0748-32-1781
FAX.0748-36-6910
MAIL.ohshakyo@gmail.com
≪安土出張所≫
〒521-1342
滋賀県近江八幡市安土町上出908番地1
 

お知らせ

令和6年能登半島地震 被災地支援について

令和6(2024)年1月1日に発生しました「令和6年能登半島地震」により、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

《災害ボランティアについて》
 被災地では、被災家屋の片づけや、被災された方の心身のケアなど長期的な支援が必要となります。「公助」とともに、ボランティアによる「共助」も被災地支援の大切な取り組みです。今後、各被災地の社会福祉協議会を中心に「災害ボランティアセンター」が立ち上がり、ニーズ調査等が行われます。
被災地支援・災害ボランティア情報については下記のページからご確認お願いいたします。(被災地の市役所や社会福祉協議会に直接電話等でのお問い合わせは、お控えください。)
災害ボランティアについては、募集状況が変化しますので、必ず最新の被災地・災害ボランティアセンターの状況を事前にご確認ください。
 ◆災害ボランティア情報はこちら
    ↓

《義援金・募金等について》
 令和6年能登半島地震災害義援金は、近江八幡市社会福祉協議会窓口でも受け付けています。(物資の受付は
 していません。)
 お預かりした、義援金は、共同募金会を通じて被災地に送ります。
 その他、以下のとおり中央共同募金会ホームページに義援金や支援活動募金、寄付などの情報が掲載されていますので、ご確認ください。
 ◆義援金はこちら
  ↓
 
 ◆災害ボランティアNPO活動サポート募金はこちら
  ↓

◆災害ボランティア活動支援プロジェクト会議運営寄付はこちら
 ↓

令和6年度 職員採用試験

現在、近江八幡市社会福祉協議会では、正規職員(介護支援専門員・介護職員)の募集を行っています。

  • 採用職種 介護支援専門員(ケアマネジャー)
  • 職員区分 正規職員
  • 職務内容 居宅介護支援事業所において、居宅サービス計画書の作成や介護保険の相談業務等
  • 採用予定人員 1名

  • 採用職種 介護職員(訪問介護員)
  • 職員区分 正規職員
  • 職務内容 ヘルパーステーション(訪問介護事業所)において、利用者の介護および通院などの乗降介助等
  • 採用予定人員 1名

申込期限 令和6年3月25日(月)まで

詳しくは、下記の案内をご覧ください。




第3次地域福祉活動計画を策定しました

第3次近江八幡市地域福祉活動計画を策定しました

第3次近江八幡市地域福祉活動計画を策定しました
 
地域福祉活動計画とは、近江八幡市社会福祉協議会が呼びかけて、市民や団体・事業所・関係機関と一緒につくった、福祉のまちづくりを具体的に進めるための計画です。
 
〇第3次近江八幡市地域福祉計画(令和4年度~令和8年度)
・基本理念
「おたがいさまの心でつながる参加と支えあいのまち近江八幡」
は近江八幡市が策定する地域福祉計画と共通です。
基本理念の実現に向け、近江八幡市が策定する地域福祉計画と同じ3つの基本目標を掲げ、計画を推進していきます。
・3つの基本目標
(1)おたがいを思いやるまちを目指します~人づくり~
(2)参加とつながりによる支えあいのまちづくりをめざします~つながりづくり~
(3)安心して暮らせるまちをめざします~基盤づくり~も地域福祉計画と共通となっています。
3つの基本目標ごとにめざす地域を描き、その姿の実現に向けて行動計画を定め、取り組みを進めます。
 
〇第3次地域福祉活動計画ダイジェスト版
第3次地域福祉活動計画のエッセンスを8ページにまとめたダイジェスト版を作成しました。

社協を応援していただいている みなさま

TOPへ戻る