社会福祉法人 近江八幡市社会福祉協議会 | 滋賀県 | 近江八幡市 | 社会福祉に関するサービス全般

  • 社会福祉法人 近江八幡市社会福祉協議会
qrcode.png
http://ohshakyo.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
社会福祉法人 
近江八幡市社会福祉協議会
≪本所≫
〒523-0082
滋賀県近江八幡市土田町1313番地
TEL.0748-32-1781
FAX.0748-36-6910
≪安土支所≫
〒521-1342
滋賀県近江八幡市安土町上出908番地1
TEL.0748-46-2571
FAX.0748-46-5550
015706
 
 
 

ごあいさつ

ごあいさつ
 
滋賀県近江八幡市の《社会福祉法人 近江八幡市社会福祉協議会》は、社会福祉に関するサービス全般を行っております。『助けあい支えあいでだれもが安心して暮らせる福祉のまちづくり』をモットーに、地域に根ざした活動を行っています。
 

社協活動ブログ(社協や地域の取り組み紹介します)

社協活動ブログ(社協や地域の取り組み紹介します)
フォーム
 
第2回八幡学区福祉フェスタ
2016-10-24
 10月22日に八幡学区で第2回福祉フェスタが開催されました。フェスタでは、福祉活動を身近に感じることができるように様々な工夫がされています。地域の中学生が喫茶コーナーにボランティアで参加したり、市内の作業所が自主製品を販売して、来場者との交流を楽しまれました。
 また初めての試みとして、緊急時に役立つ「命のバトン」についてロールプレイで紹介されました。学区民による分かりやすいロールプレイで、命のバトンの大切さを再確認することができました。
 講演会では滋賀県のスクールソーシャルワーカーとして活動されている上村さんから、地域で子どもの居場所づくりを行う大切さについてお話いただきました。「しんどい状況にある子どもたちも、たった1人でも信頼できる大人と出会えれば生き抜くことができる」という言葉が印象に残りました。
 学区民のアイデアがつまったフェスタによって、身近な福祉活動に多くの人がふれることのできる機会となりました。
 
 
 
 
 
障がいとともに生きるとは ~ふくし伝え隊養成講座~
2016-10-07
 市社協では、ボランティアの「ふくし伝え隊」の皆さんとともに小中学校へ出向き、福祉教育を行っています。
その「ふくし伝え隊」の新たなメンバー募集をかねて、養成講座を開催しました。講座では、視覚障がいや身体障がいの当事者の方から、ご自身の障がいに対する思いや日常生活などについてお話いただきました。
障がいを受け入れるまで自問自答を繰り返されたことや、毎日を滞りなくおくるための工夫など、日々の暮らしが伝わってくる内容でした。
 今後も当事者の方の生活に思いを寄せながら、ふくし伝え隊さんとともに福祉の輪を広げていきます。
 
 
認知症の理解を深めよう~第2回福祉協力員研修会~
2016-09-21
 9月12日、第2回福祉協力員研修会を開催しました。昨年に引き続き、きらめき介護塾の渡辺哲弘さんをお招きし、認知症の方の思いを理解した関わりについて学びました。
 認知症は周りの人の関わり方によって本人の暮らしやすさが大きく変わります。家族や介護者が感じる認知症の方の「困った行動」は、できることをやろうとされている「前向きな行動・当たり前の行動」なのかもしれません。
 認知症について正しい知識をもち、本人の思いを理解して関わることで、認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるのではないでしょうか。
*市社協では、「認知症の理解や関わりについて」や、「地域の見守り支えあいの仕組みづくりについて」の出前講座を行っております。ぜひお気軽にご相談ください。
 

社協広報紙 「社協おうみはちまん」(2ヶ月毎発刊、奇数月)

社協広報紙 「社協おうみはちまん」(2ヶ月毎発刊、奇数月)
  2015-05-15 社協紙NO.30
  2015-03-15 広報紙 No.29
  2015-01-01 広報紙 No.28
  2014-11-15 広報紙 No.27
<<社会福祉法人 近江八幡市社会福祉協議会>> 〒523-0082 滋賀県近江八幡市土田町1313番地 TEL:0748-32-1781 FAX:0748-36-6910